クラミジアと不妊症について

■クラミジアについて

クラミジアとは「クラミジア・トラコマチス菌」という細菌に感染することで発症する性感染症の一つです。

細菌に感染してから数週間の潜伏期間ののち発症するのですが、このクラミジアの恐ろしいところは潜伏期間が終わっても「症状に無自覚になりやすい」ということです。他の性病の場合は性器がかゆくなったり、変な色のおりものが出たりといった見た目にとてもわかりやすいのですが、この病気に限ってはほとんど症状が出ないのです(男性は尿道から透明な膿が出て痛みを伴う事もあるそうです)。

ですので、もし病気になったとしても放置をしてしまう人は少なくなく、その結果女性などは子宮頸管炎や子宮内膜症、それに卵巣炎など、不妊症を引き起こすような病気を引き起こすこともあるのだそうですので、将来子供を授かりたい方は不妊症対策に一つとして特に気をつける必要のある病気の一つなんですよ。


■クラミジアと不妊症

不妊症治療の際に、クラミジアの菌が体内にあるかどうかをチェックする抗体検査も、産婦人科では行ってもらえます。もちろんこれはクラミジアが不妊症の一因となる子宮内膜症などの病気のもとになる、ということがあるからでしょう。

実は、このクラミジアは男性の不妊症を招くということも忘れてはいけません。男性が感染し、病気を放置しておくとどうなるかというと、「尿道炎」「精巣上体炎」など生殖器に関わる病気にも発展し、不妊症になることも十分ありうるということなのです。

ですので、不妊症検査のときは女性だけでなく男性も一緒に検査を受けるほうがより確実に、かつ早く原因を発見し治療を始めることができるんですよ。男性は産婦人科に通うのは非常に抵抗があるかと思いますが、再発防止や早期治療のためにも度胸を決めましょう!


■クラミジアによる不妊症の治療

クラミジアに感染しても、病院にいって適切な処置をすれば、まず体内の菌を間違いなく退治することができます(菌が原因で子宮内膜症などの不妊症に直結する病気になってしまった場合は、それと別に治療をする必要があります)。治療方法も抗生物質を服用するだけで、病院で点滴を打って...というような、大掛かりなものではないんですよ。

治療のときに注意したいのは「完治するまでは絶対に自己判断で薬の服用をやめない!」ということ。病院では尿検査で菌が体内にいるかどうか確認するのですが、この検査で「もういないね、完治しました」という判断が下されるまでは、必ず薬を服用し続けてください。自己判断で病気が再発しては何にもなりませんよ!

クラミジアと不妊症についての関連記事

▲クラミジアと不妊症についてトップに戻る