卵巣機能不全について

■卵巣機能不全について

卵巣機能不全とは、その名の通り「卵巣がきちんとはたらいていない」状況のことを指します。ただ生活している上では特に激しく問題が出てくることはそうありませんが、子供を授かりたい方にとっては不妊症の原因となるため、非常に深刻な問題になってくることもあります。

卵巣機能不全はどのような症状が出るのかというと、性腺刺激ホルモンによって卵巣が刺激されても、当の卵巣がノーリアクションになるという状況になるため、黄体ホルモンが正常に分泌されずに生理が来なかったり(もしくは周期がガタガタにになったりする)、過多月経になったり不正出血がおこったり、女性ホルモン自体が減少するために体毛が濃くなったり、ひげが生えてきたりと男性的な特徴が体に出始めたりするんですよ。


■卵巣機能不全の不妊症治療

不妊症の中でも、卵巣機能不全の症状が出ている方の場合は一刻も早い治療の開始が勧められています。
というのも、この卵巣機能不全が進行すると卵巣の機能がどんどん低下していき、最後は全く機能しなくなるために早発閉経(早い時期に月経が終ることです)してしまうこともあるのだそうです。早発閉経してしまうと、いかに不妊症治療をがんばっても卵子はまったくできないので、できるだけ早いうちに行動をする必要が出てくるのです(まだ年齢が若く、症状が過多月経などだけならばピル(低用量ピル)や漢方で不妊症を改善することも可能だそうです)。

漢方を使ったりするなど、この卵巣機能不全についての不妊症の治療方針は病院・専門医によって考え方もばらばらです。自分が納得できる担当の医師を探すのも、不妊症を治す上ではとても大切なことなんですよ。


■卵巣機能不全についてのコミュニティ

不妊治療や不妊症について話し合うコミュニティサイトの「子宝ねっと」では、卵巣機能不全についての掲示板もあります(ただし、こちらの掲示板への書き込みは子供を授かっていない方に限られています)。
プロベラなどを使ったカウフマン(卵胞形成)療法について話し合われているコミュニティサイトやブログは他にあまり見られないので、卵巣機能不全の不妊症治療方針をどうしようか悩んでいる方にも勉強になるかと思います(カウフマン療法の際の、プロベラなどの薬の副作用についても書かれている方もいます)。

こちらの不妊症掲示板に書き込む方は(返答する方も)皆さん真剣に考えてコメントをしてくれるので、相談できる人がいない時やいざという時には強い心の助けになってくれると思いますよ。

卵巣機能不全についての関連記事

▲卵巣機能不全についてトップに戻る