不妊症の男性について

■不妊症の統計

最近できてきている不妊症を取り扱っている病院は、その多くが「夫婦二人での通院」を推奨しています。
それは、女性だけではなく男性にも不妊の原因がある可能性がある、とうことから(検査しての統計でも男性側に原因があるのケースは全体の30%ともいわれています)。

また、それだけでなく夫婦二人とも、というケースもあるので(こちらは、統計の全体で約10%といわれています)、きちんと原因を突き止めるためにも夫婦で病院に行くようにしてくださいね。


■男性の不妊症の原因

男性が原因になっている不妊症は、

・造精子機能障害(精子の数が少ない、精子がない、運動しない等)
・精管通過障害(精子の通り道が閉鎖されている状態)
・ED(イーディー:勃起不全/勃起機能低下の意味)
・性交障害(交感神経と副交感神経のスイッチが入らない障害)
などがあります。

EDや性交障害は実生活でもわかりますが、精子などの問題については素人目にはとてもではありませんがわかりません。
最初は抵抗があるかもしれませんが、不妊外来のある婦人科か、泌尿器科で検査をされることをおすすめします(治療は産婦人科が中心です)。


■不妊症を改善する生活

男性の不妊症は、最近の生活スタイルの変化も影響しているといわれています。
その原因のひとつが「睾丸を暖める服装(わかりやすく言うと、ぴったりした洋服や下着)」。
精子を作るためには睾丸を体温より低い温度に保つことが大切なのですが、今男性の間でも着用者が増えているボクサーブリーフなどは体にフィットする為に睾丸が温まってしまうのです。
冷え性なども気になるかもしれませんが、改善策としてはトランクスなどの通気性のいい下着に替える、というのも大切です(お腹冷え性の方はハラマキもいいですね)。


■不妊症の悩み

不妊症の悩みは、どうしても人には打ち明けられないものだと思います(男性ならなおさらと思います)。
インターネットの相談サイトでもそういった話題はほとんどが女性の書き込みで、男性の話などはほとんど聞けない状態です。
そんな中で男性がリアルな体験談などを書き込んでいることが多いのが2ちゃんねるの不妊症スレッド。
面白半分に書き込んでいる人も多いですが、しっかりとした意見も書き込まれているので、見るととても勉強になります。
最初は書き込みはせずROM(読むだけ)にすることをおすすめしますよ。


■食べ物や薬での不妊症対策

不妊症対策を漢方薬や食べ物でやってみようと思う方もいるとおもいますが、男性の場合は女性と全く同じものを食べたり、漢方薬を処方してもらってもあまり意味はありません。
男性はやはり健康な精子をたくさん生み出さなければいけない...ということで、それに合った食べ物や漢方薬を選ぶ必要があるんです。
食べ物なら亜鉛の多く含まれたもの(豚肉・牛肉・にぼし等)や、漢方薬なら中医学のカウンセラーなどに相談できる薬局で処方してもらったものなどを摂取すると、少しずつ症状も改善されてくるようです。

不妊症の男性についての関連記事

▲不妊症の男性についてトップに戻る