不妊症の原因とは?

■クラミジアについて

クラミジアは感染性の性病の一つとしても有名ですが、放置しておくと不妊症の原因にもなるので注意が必要です。
特に重症化すると男性は無精子症、女性は卵管が癒着して卵子が出てこないことの直接の原因になります。
クラミジアの一番厄介なところは「感染しても症状がほとんど出ない」ということ。
感染しているかは病院で見てもらって、根気強く治療していくしかありません。
心配な方は泌尿器科・咽喉科・産婦人科に行って検査や対策の治療を受けるようにするといいと思います。


■不妊症と遺伝

たまに出てくるのが「不妊症は遺伝である」という話ですが、これはほぼありえない話(ごく稀なケースとして染色体異常があったときに限る話だそうです)。
本当は生活スタイルの変化や、子宮や肝臓、すい臓など内臓の機能が正常にはたらいていないことが不妊症増加の要因と言われています。
ただ、遺伝というのは親の様々な体質を受け継ぐものなので、
一部の内臓が弱い→それが不妊症につながる、ということは十分ありうる話です。


■不妊症と冷え性の関係

女性の不妊症で特に多い原因が「冷え性」。
もちろん冷え性を直せばすぐ妊娠できるというわけではありませんが、様々な不妊の原因にもこの冷え性は多く絡んできているんです。
特にお腹が冷たい「内臓型冷え性」の方は要注意で、特に女性の場合は子宮や卵巣が冷え切ってしまうことで不妊症だけでなく(受精卵が着床しにくくなります)、重い生理痛や子宮筋腫、子宮内膜症などの病気にもかかりやすくなります。
暑い季節でも、お腹を服やハラマキでガードするなどの改善対策をとることが大切です。


■不妊症の原因を調べる

不妊症の原因は女性にあるのか男性にあるのかはたまた両方なのか、というのは素人にはわかりません。
病院に行って、何回かの検査を受けて、そこで初めて何が原因かというのがわかるようになるのです。
ただ、この検査は女性側に大きな痛みを強いるものです(特に、子宮卵管造影のチェックはかなり痛いそうです)。
ですので、まずは痛みは無い男性の検査を先に始めた方がいいかと思います。


■原因不明の不妊症

検査を行った結果、原因は男性にも女性にも無い...という、「原因不明」であるケースである場合もあります(これを一般には「機能性不妊」と呼ぶそうです)。
しかもそれは統計した結果全体の1?2割がこれに当てはまる、ともいわれているのです。
このタイプと診断された方は体外受精などに踏み切る方が多いようです。
この機能性不妊の改善は「医学の進歩」が一番の頼り。
不妊の原因のひとつとされている「頚管因子」も、最近までは機能性不妊といわれていたもの。
一人でも多くの人が子どもを授かれるよう、さらなる医療の発展が望まれるところです。

不妊症の原因とは?の関連記事

▲不妊症の原因とは?トップに戻る